May 11, 2019

トレーニングの準備の準備

トレーナーの馬場です。

私は
パピークラスでも
個別レッスンでも
「ほめる練習」をしています。

ここ数年「ほめるトレーニング」という方針で犬育てに取り組む飼い主さんが増えてきました。「ほめる練習」とは「ほめるトレーニング」とは別物?と首を傾げた方もいるかもしれません。

「ほめる練習」では犬が何かをすること【行動の変化】を目的としません。
誤解を恐れずに言うならば、犬に『今の状態のままでいいよ』と伝えることが目的です。
ちょっと分かりづらいので、具体的に説明します。

「オスワリ」を例にします。

多くの飼い主さんが愛犬に最初に教える「オスワリ」ですが
「オスワリの始まり」を練習する機会は多くても

「オスワリをキープする」「オスワリを終了する」
の2つはあえて練習していない場合が多く見られます。

「???」とさらに首を傾げた方、もう少しだけお付き合いください。
横断歩道の信号待ちでの一場面を思い浮かべてみて下さい。
信号が赤に変わってヒトが立ち止まると、犬も止まります。

車道ぎりぎりだとちょっとトラックなどの風圧が怖いから、と少しうしろに下がって待つ飼い主さんもいるかもしれません。
もう少しこっちにオイデと声をかける飼い主さんに、犬が目線を向けます。
この後「オスワリ」の練習成果が発揮されます。

さて、犬はオスワリしました!
その後の様子も見てみましょう。

オスワリの【キープ】は、犬が横断歩道でずっと座って待つこと。
オスワリの【終了】は、信号が変わって飼い主が歩き出せば、犬も歩き出すこと。
自然に習得してしまう犬もいるので「特に何も練習してないけれど、困っていません」という飼い主さんもいると思います。

反対に
オスワリの始まり(例えば、おやつを見せればオスワリをする)ができても
オスワリのキープはできない(食べたらすぐに立ち上がる)
オスワリの終了ができない(次のおやつを期待して、人が歩き出すと跳びはねてしまう)
などの状況に、思い当たる飼い主さんはいませんか?

これは、飼い主さんの教え方が悪かったというよりも
単に犬が教わる機会がなかった場合も多いのではと思います。

そもそも「ほめるトレーニング」という言葉が生む誤解の1つは
犬が何か行動する(今の状況と違う状況に変化)した時だけほめる
という考え方です。

確かに、トレーニングの多くは行動の【変化】の部分に目がいきます。
・オスワリをする(立ち姿勢からオスワリへ-姿勢の変化)
・ハウスする(ハウスの外から、中に入って伏せる-位置の変化/姿勢の変化)
・飼い主を見る(他の犬を見ていた時に、飼い主に呼ばれて飼い主を見る-目線の変化)
・車に乗る(車の外から中に入る-位置の変化)
・階段を降りる(上段から一段下に前足と後ろ足を交互に置く-足の位置の変化)

行動のその後に、「その状態をキープする」ことを教える時も
「犬が楽しい」トレーニングは効果的です。
ただし、この時のごほうびが
「うれしい」気持ちを引き出すと同時に「興奮しない」ものである方が学習がスムーズです。
そんな時に役立つのが冒頭に出てきた「ほめる練習」です。
私は食べ物を使ったトレーニングの準備が「ほめる練習」ではないかなと思っています。

また、「ほめる練習の準備」も実は必要です。
トレーニングの準備の準備だなんて、ややこしい…ですが、この部分も大切。

さてその「準備」とは
犬が
どんな時にうれしそうか
どんな時に興奮しすぎるか
サイン(専門用語でいうならボディランゲージ)に気づくことです。
食べ物を使っていても、犬が興奮しすぎていたり、怖がって食べられない時は、それは決して「ほめている」ことにはならないことは、何度も繰り返してお伝えしていきたいことです。

お恥ずかしい話ですが
私が10年前にしつけ方教室のアシスタントをしていた時は
先生がクラスで説明することに対してこう感じました。
わかったようなわからないような…要は、「何が分からないかわからない」状態でした。

飼い主さんとお話をじっくりお伺いしていると
『犬が「何かよい行動をしたときだけ」ほめるべきで
そうではない時までほめていたら、犬が我儘になるのでは…』と
不安を口にされる方もいます。

だからこそ「ほめる練習」でその不安を解消できるのではと思います。
「ほめる」のは
犬を「おだてる」ことでも「興奮させる」でもないからです。

最後に、愛犬のサインや苦手な状況を周り(ご近所さんや友人、獣医さん、トリマーさん)に伝えられるようになることも、飼い主さんが取り組んでいける「準備の準備」なのではないかと思います。

April 7, 2019

ヒトにとって一番負担になる「トレーニング状況」

私達、ヒトはたくさんのルールに縛られて生きていて
「これはしちゃいけない」
「こんなことをするのは、常識はずれだ」
といったことを、多かれ少なかれ抱えて生きています。

だから今ある生活の中から
さらに「してはいけない」が増えることは、しんどい。

犬のトレーニングで
お家に最初に訪問する時にも、ふとそんなことを感じます。
たとえば
「犬が【こういう状態】の時には、犬を触らない」
という1つの提案

「触らない」とは一見シンプルなようで
とても取り組みづらいアドバイスだと思います。
犬と一緒に生活していて
犬を触りたいきもちと…。
犬の世話をする上で、犬に触れないとお世話できない状況と…。

トレーナーとして「触らないで」というアドバイスが
必要な場面がたくさんあるにも関わらず
大きな葛藤を抱えて向きあわなければならないと…いつも感じます。

「触らない」は1つの例ですが
「してはいけない」だけの取り組みは
すごくしんどい。

犬のトレーニングは、そもそも
犬に「ある行動を教える」はずが
どうして人が「ある行動しない」になってしまうのか!!

またそんな風にいらだちを覚えないにしても
「しないためには、私(ヒト)がこれをできない」
「いつまで私(ヒト)が我慢するんだろう…」
と無気力に感じてしまう状況に向き合うこともあります。

なので犬の問題行動で悩まれている方は
必ず「しないこと」と「これなら楽しくできること」を
セットで取り組んでいってほしいです。

たとえば
犬が【立ち位置を変える】の練習。
これは意外にお役立ちな行動です。
この行動はイヌ自身がその足でその立ち位置を選ぶことが大事です。
言い換えると、リードで引っ張って犬を連れてきても、なかなかその行動を習得することはできません。

【立ち位置】だなんていうと
【脚側(左側にぴったり)を歩く】といったイメージが強いかもしれませんが
もっと身近に「ゆるりと移動」がたくさんあります。
---------------
・駐車場から車に移動
・リビングからお風呂場に移動
・階段の上から階段の下に移動
---------------

さらに「小さな移動」を見てみましょう。
---------------
・ヒトの右側にいる犬が左側に移動
・ヒトの一歩後ろにいる犬が、ヒトを追いかける移動
・お部屋の真ん中で寝ている犬がドッグベッドに移動
・抱っこしにくい位置から、抱っこしやすい位置へ移動
・ソファの上にいる犬がソファの下に移動(移動した後、ソファの下で落ち着く)
--------------

この「小さな移動」ができていないが故に

リードをヒトがうっかり引っ張ってしまったり
犬がなぜか変に興奮してしまったり
と飼い主さんが悩まれる場面につながっていることがあります。

おやつを持っていれば
こんな「小さな移動」簡単では?と疑問に思った方もいると思います。

ですが、小さな移動だからこそ
「おやつで釣って動かす」では習得しにくくなります。
そのため、そのステップを構築するのが、トレーナーの役割、もしくは
トレーナー役を担う飼い主さんの役割なんです。

また飼い主さんに
「犬を触らないで下さい」という状況は
犬が受け入れるのが苦手な部分を
飼い主さんが受け入れなければいけないいう一面もあります。

できない部分に目を向けるのは
私もすごく苦手です。
「この部分できていないよ」だなんて先輩トレーナーに言われた日には
ずーん…とその後2時間落ち込んだりしてました。

ですが
犬がどの部分を受け入れるのが苦手で
このぐらいまでなら大丈夫
の微調整って、この先15年一緒に暮らしていく上で必ず役立ちます。
微調整しだいで、できることが増えるからです。

トレーニングのスタート地点を
「ヒトの負担」や「イヌの負担」で終わらないように。
飼い主さんのお話もしっかりお伺いしながら
私もトレーニングステップを日々調整しています。

March 30, 2019

「目標はこれ!」と答えるのは…意外に難しい

「レッスンするにあたって、何か目標ってありますか?」

吠えや
咬みで
困ったからトレーナーや訓練士に相談したとき

こんな質問をされたら、戸惑いますか?
それとも意気揚々と
「私はこういう生活が理想です!」と答えますか?

私はトレーナーとして「問題解決」のための「間近な目標」を提案するのが仕事です。

ですが、私の提案する目標と
飼い主さんが望む目標とが
一見、同方向を見ているかが分かりづらいと感じることがあります。

お悩みが深刻であればあるほど
「(今はできなくても、いつか)愛犬と一緒にこれができたらいいな」
「うちのコはこんなことが好き」
という話はなかなかでてきません。

でも、本当は、咬みや吠えの解決が望みではなくて
犬と一緒の、何か「こんなことがしたい」がきっとあるはずです。

お家に訪問してお話をお伺いする中で、ふとそんな話題が出てくるようになると
「未来の目標」と「今の目標」をきちんとつなげられるよう
再度「どうしてこの練習をするのか」を説明することができます。

少し場面は変わりまして。
先日、広い公園に、相棒犬と一緒に訪れた私は
その公園でのワンコのレッスンで何の練習をしようと悩んでいました。
「何の練習をしたらいいんだろう」
「何の練習をしたら役立つだろう」

あっちをうろうろ
こっちをうろうろ
周りをキョロキョロしながら歩く私と
その横をなんとなく、とぼとぼ歩く相棒犬
不審な動きをする飼い主をちらりと見上げます。

私は「これ」という答えがでないまま
とりあえず芝生に座ってみました。
私がふーっと息を吐いて伸びをすると
横に座っていた相棒犬がゴロンと寝ころびました。
「こんないい天気で、広い芝生がある場所でなんなら、何もしたくないな」
ひとりごちた時、ふとそれが目標かもしれないなと感じました。

トレーニングって、けっこう単調な作業だったりします。
犬の状態を観察して
取り組みやすい「行動」を見つけて
それを強化する。

何か難しい状況下での練習では
その難しい要素をちょっと横によけてから
できる行動を見つけていく。

それから、もう一度犬の状態を観察して、うまくいっているかどうか確認。

うまくいっているなら、少しだけステップアップ。
うまくいっていないなら、少しだけ調整。

目標があると、具体的にステップを刻みやすいのであった方がいいことが多いです。
でも、たまには目標も、目的地もないような時間があってもいいのかもしれません。

問題解決のためには
本当の目標を見つめなおす時間と
目標なんて考えないで過ごす時間を
設けてみませんか?

という提案でした。

わたしのたまの「何もしない」の日。
相棒犬のおふとんを天日干ししながら
イヌを芝生に干します。

February 21, 2019

いただきもの~11

今年の冬はいつにも増して
頂きもので過ごしました。

白菜たっぷりぬくぬくの鍋で暖まり。
甘いリンゴをコトコトに詰めたジャムで食べるトーストは朝ご飯に。
みかんは、やっぱりそのまま食べるのが一番ですが、食べすぎ注意!
贅沢チョコレートは、冬のハイキングのおやつにと、リュックに忍ばせます。

いやいや…食べてばかりではいかん!と奮起して
今日は【トリーツポーチ】の制作に取り掛かっています。

-----------------------------------------
トリーツポーチとは
ワンコのトレーニングの時に使うフード(ごほうび)を入れるもので
ワンタッチで開き、かつワンタッチで閉じる小さいカバンです。

ごほうびフードは、必ずポーチに入れなければいけないわけではないのですが
トリーツポーチを使うと利点が2つあります。

まず、【トリーツポーチ】がフード入れになると、片手が空きます。

お散歩カバンに入れたフードや
ジッパー袋に入れたフード
タッパーに入れたフード
これらは、必ずフードを運ぶ手の他に、もう1つの手が必要になります。

トレーニングは
リードを着用して練習することと
リードなしで練習することの2つに大きく分けることができるのですが

どこかの時点で必ず「リードを着用しても同じ行動がとれる」ことが大切です。
そして、リードを持っている時はほぼ「もう1つの手」がふさがっている状態です。

リードだって2つの手で扱いたい道具なので
私自身は
リードを持つ手2つ
トリーツを運ぶ手1つ
その他の物(例えばクリッカーなど)を持つ手1つ
鼻タッチ用の手1つ
合計5つ

の手がトレーニングの時にあると便利だ!と常々思っています。
でも、どんなに頑張っても私の手が増えることはないので
手が空くツールはあった方がよい!という結論に至っています。

トリーツポーチのもう1つの利点は
ポーチなので取り外しが楽という点。

フードを入れるのは上着やエプロンのポケットでいいのでは?
という意見もあります。
ただし、その場合、ワンコが「フードにのみ集中!!!」してしまった時
フードが入ったポーチのように、取り外して片付けることができません。

トリーツポーチは
・ごほうびをもち運ぶための手になるよう開け閉めがしやすいもの
・ごほうびが「誘惑物」になった場合には片付けられるもの

2つの利点を活用できるものを選んでいきましょう。
--------------------------

さて、私ががんばって作ったトリーツポーチは
さっそくお散歩トレで活躍中です。

今日は家に帰ったら、暖かいお部屋でぬくぬくし
ミカンを食べてごろごろする予定です。
いただいた山ほどあったミカンは
あっという間に残り3つに…



February 10, 2019

専門用語に馴れよう2(転移行動)

お散歩中の愛犬が

急にくるくる走り回ったり
穴掘りを始めたり
変にはしゃいで飼い主の服を甘噛みする時

犬のトレーニングについて、勉強されている飼い主さんはこういいます。
「その行動の直後に何か、いい結果が伴ったからだ」と

何かいい結果が伴う行動を、再度繰り返す学習のことを
「オペラント条件付け」と呼び
行動の頻度が増えることを「強化」と呼びます。

何か利得がある結果が伴うと、同じ場面で同じ行動を繰り返す。
犬だけじゃなく、人間だってあります。

犬が行動を繰り返す時
何かしらの結果によって強化されている可能性は否定できないのですが…。
犬の行動のすべてを「強化」だけで説明できないことがあります。

私が先日手にした動物行動学についての書籍には、興味深い記述がありました。
------------------------------------------------------------------------------
“多くの行動の発現中枢は、互いに抑制し合っているが、外界からの刺激を受けて、その場にあった行動の中枢が優勢になって発現している。しかし、葛藤状態では、その場にあったいずれの行動も発現できないため、本来なら、抑えられていた行動が脱抑制されて発現する。”(小林、p50) 
-------------------------------------------------------------------------------

短くまとめると
「葛藤状態にある時、動物は何か変な行動をとる」
ではないかと思います。

その一例として挙げられるのがカモメの行動です。
実は、カモメは巣のまわりの特定のエリアでは、縄張り争いをする代わりに
「草を嘴でくわえて強く引っ張る行動」
「くちばしで地面を激しくつつく行動」
をとるそうです。



------------------------------------------------------------------------------
”これ(地面をつつく行動)は、巣を中心とする直径5Mの円の円上、つまり縄張り境界線付近で観察されます。 
動物行動学者のティンバーゲンは、縄張りの境界線付近では、攻撃と逃避のふたつの衝動によって、カモメは葛藤状態であると説明します。自分の縄張りを意識するなら攻撃を、相手の縄張りを意識するなら逃亡を選択するが、それぞれの衝動が互いに抑制をかけあって、どちらの行動も完全には遂行できない時にこの「転移行動」が現れると推測しています。 ”
-------------------------------------------------------------------------------

逃げたい時、相手を追い払いたい時に、草をくちばしで引っ張っても、地面をつついても、意味がないけれど、ついしてしまう…。
何か困った時に頭をかきむしってしまう人間の行動にも少し似ています。 


 オシドリのオスがメスに対して行う求愛行動は、さらに興味深い事情があります。
------------------------------------------------------------------------------
オシドリのオスは、メスに求愛する時、目立つ模様の羽を見せるという行動をとるのですが、これも転移行動から発展したものと推測されています。
オスは見知らぬ個体に接近することに伴う怖さがあるが、接近しないわけにはいかない。怖さが引き起こす逃避衝動と、求愛のための接近衝動が衝突します。オシドリの祖先は、そんな状況下で転位の「羽繕い」し、その後徐々に「メスからよく見える部分の羽に目立つ模様が発現する」ということが起こったのではないかと考えられるというのです。 
-------------------------------------------------------------------------------

オシドリの話から
犬に話を戻しましょう。
愛犬の問題行動に対して
場合によっては
「葛藤して変な行動をとっている」
と気づく視点が役立つことも多くあります。

例に挙げた転移行動(走り回る・服を咬む等)よりも深刻な問題に
犬の転嫁咬み(転移咬み)と呼ばれる行動があります。

犬が恐怖、痛み、不安など最高潮に達した時
目の前にある物を思わず咬んでしまったといった、パニック状態を指します。

噛みの抑制を学習した犬も
普段のんびりしたコでも
起こりうる咬みです。

この状態の犬は、噛む対象物を選んでおらず
本来はその状況から逃げたい…場合にも起こます。

転嫁攻撃性を起こした犬を責めたり叱ったりすることは意味がありません。
飼い主からのフィードバックを「怖いもの」と結びつけた場合、却って状況を悪化させることさえあります。

ただここで、1つ大事な注意点を付け加えておきます。
すべての「葛藤をとりのぞく」ことが犬のためと考えると私たちは壁にぶち当たります。

例えば
リードが葛藤の原因ならば、リードをなくす?
扉が葛藤の原因なら、すべての扉をオープンにする?
近づきたいものには、相手が嫌がっていても近づいてしまう?

葛藤をすべてなくそう」は
問題解決にはつながらない場面がたくさんあります。

リードやドアは1つの例に過ぎませんが
小さな「制限」を習得することは
逆に「葛藤」に強くなるきっかけにつながることもあるのではないかと私は思います。

「制限」を「我慢の限界」に持ってくるのではなく
「まぁこういう範囲でやっていこう」にもってくる、さじ加減。

「転移行動」について知った上で
「制限」についても犬が学習できるようサポートしていくことも
飼い主さんや、トレーナー、そして周りの人たちの役割なんだと思います。


参考文献
-------------
「ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間」
小林 朋道 (著)
新潮選書
2010年発行
-------------