December 13, 2018

あらためて・・・災害対策を考えてみる

私は先日の動物取扱業の研修での講義の1コマを聴講しながら
災害対策について改めて考えてみました。

災害が起こると
「災害対策をしなくては…」
「食料と水を備蓄しなくては…」
と考えるのだけれど

少し時間が経つと日々の忙しさに追われて
つい忘れてしまう。

災害というと、ぼんやりと…でもとてつもなく大きい課題には
私達は「よしやろう!」と取り組むことに
少し躊躇してしまうこともあるのだと思います。

でも今すぐできることもあります。

その1つが所有者明示。
つまり迷子札と狂犬病予防注射済みの鑑札を「犬が身に着ける」こと。
また、マイクロチップに関しては、登録や連絡先の変更があった時の更新を怠ると所有者明示のツールにならない点にも、注意が必要です。

災害の一番の問題は、いつ起こるかわからないという点。
傍にいれば、同行避難ができますが
万が一留守の時に起きたら、ということも想像してみてほしいのです。
想像するのは、怖いけれど、今まであったことには、少し目を通してみて下さい。

以下は、私が講義で学んだ今までの大きな災害の沿革です。
-----------------------------
1995年の阪神淡路大震災
人とともに、9300頭の犬猫が被災した災害。
動物を救援するためのボランティアや募金、義援金を運営するための団体が立ち上がったのはこの災害後です。

2000年の有珠山(うすざん)噴火
この災害では、300頭以上の動物が取り残され、同行避難の必要性について、注目が集まった。

2000年の三宅島噴火
島民とともに250頭の動物が島から避難した。
しかし、島に残された地域猫のうち、避妊去勢がされていなかった猫たちがいたため猫の数が異常に増えてしまう問題が起こった。

2004年の新潟中越地震
被災人口は10万人、被災動物は5000頭。同行避難した動物も多かったが、避難所には入れず、車中避難によるエコノミー症候群が問題になる。

2011年東日本大地震
推定11500頭の動物が被災したと言われるが、正確な数は分かっていない。
1ヶ月に渡る立ち入り禁止区域では、残されて餓死した動物も多い。
また、保護した動物の所有者がわからずに、飼い主の元に戻れなかった動物も多かった。

2016年の熊本地震
車中避難をしていた被災者や被災動物たちの、エコノミー症候群と熱中症対策が課題となった。同行避難後のペットの受け入れができる避難所が多くないという課題が浮き彫りとなる。
----------------------------

まずは、所有者明示から。
それから少しずつ、「クレート」練習や「車に乗る」練習
などにも取り組んでいきましょう。

特にクレートに関しては
「敷居が高い(難しい)練習ですよね?」と思われていたり
「犬を閉じ込めて我慢させる」練習と誤解されることがあるのですが
そうではなくて、普段のお散歩から始まる楽しいトレーニングとして取り組んで欲しいです。

飲食料の備蓄
ハザードマップ作り
避難先の確保
など、災害対策は突き詰めていくとどんどんタスクが増えていくかもしれません。
だからこそ、今すぐできることから始めることが大事です。

December 3, 2018

こいぬといっしょに。51

パピークラスでリズミカルに遊ぶワンコたちを見守る飼い主さんを見ていて
サンフランシスコで私が勤めていた会社の
「仔犬のハッピーアワー」のことを思い出しました。

ハッピーアワーとは
2ヵ月~5ヶ月の仔犬たちの飼い主さんが集まる場で
仔犬たちのプレイタイムがメインの社会化の場。

「オスワリ」や
「マテ」や
「フセ」などの行動のトレーニングと同じぐらい大事な
周りに犬や人がいる場に「ただそこにいる」時間。

そこでは
犬自身が行動を選びます。
周りにいる犬を遊びに誘って失敗したり
怖いと思っていたコに対して勇気を出して近づいてみたり
そうしているうちに、お互いが心地よい距離感を学んでいく。

この文章だけ目にすると
犬はすべて「ノーリードにして」
犬同士の関わりはすべて「犬に任せる」
ように誤解を生むかもしれません。

犬に任せてよいかどうか…は、相手が嫌がっていなければ…です。
だから
ハッピーアワーでも
パピークラスでも
「ガチャ」の練習はします。

「ガチャ(got you!)」は「つかまえた」の意味の英語です。
首輪を持たれる/抱き上げられる
つまり、行動を人の手で止められる状況を
犬が落ち着いて受け入れる習慣づくりのための練習です。

「ガチャ」の練習を
私は今回のクラスで「首輪を持つ練習」と説明しています。
でも、次回からは「ガチャ」の練習名でやりたいと思います。
「ガチャ」の方が、なんとなく練習のイメージに合ってるような気がするのです。
---------------------------------------------------
ハッピーアワーに来る飼い主さんたちは
チーズとワインを片手に
仔犬たちが遊んだり、ちょっぴり逃げ腰になる様子をも見守ります。

そして、スタッフの合図があると
「ガッチャ(got you)」と声をかけながら
自分の仔犬の首輪をゆっくり持ちます。
仔犬が落ち着いているのを確認して、再度遊びの場に送り出してあげます。

ガッチャを楽しいゲームにしていくのが
パパママの役目なんです。
----------------------------------------------------
そんな風景を思い出させてくれたパピークラスの場いたのは
トイプードルの、こげ君
トイプードルの、チョコ君
チワックスの、はなちゃん
チワワの、ミクちゃん

クラスの場で楽しそうに走ってくれました。
帰宅後はお昼寝してくれたでしょうか…zzz

November 24, 2018

ウォーリーを探せ?

雑草が生い茂る生垣をじぃっと見つめる、私の相棒犬
リードを引っ張る程ではないけど
何やら呼吸が少し早くなって
足の運びがややバタバタしています。
私は釣られて生垣を見ます。

じっと目を凝らしてみます。
狸がいるのかか?
小綬鶏(コジュケイ)か?
はたまた何か、人には見えない何かかいるの?

とよくよく見るといました!

切り株の上で日光浴をしている猫。
朝日を浴びて目を細める様子は、なんだか気持ちがよさそうです。

相棒犬は
わっしわっしとしっぽを振りながら
生垣を通り過ぎ
傍に近づけないことを少し抗議するように、私の顔を見上げました。
(ちなみに、うちの相棒犬は生垣を駆け上ることができます。
足腰にあまりよろしくないので、基本させないのですが)

そういえば
ノーズワークを始める前は
「動かない猫はいない猫(と同じ)」だったのに
匂いで猫に気づけるようになったのかもしれないなぁ…
なんて、思いながら歩く、のどかな朝でした。

October 24, 2018

押すか?待つか?クレート練習について

クレートが苦手なワンコさんのママさん
練習の過程でついつい思うことがありませんか?
「あと2センチで後ろ足も中に入るんだから、押しした方がいいんじゃないかな?」

どういう対応が正解かは様々な見解があると思うのですが
私自身はワンコを「押して」困ったことがあるので
その失敗談をお話ししたいと思います。
実は、遠い昔の失敗ではなく、つい先日の話です。
----------------
先日、相棒犬を連れてキャンプに出かけました。
その週に雨が多かったせいか、蚊がいっぱい飛んでいました。
蚊に刺されながら、四苦八苦して建てたテント。次はごはんの準備という時に、ふと思い出しました。
そうだ!蚊取り線香だ。リュックの底から引っ張り出したミニサイズの蚊取り線香がきっと役に立つに違いないと、私は得意気になりました。去年は蚊取り線香を持参しなかったせいで、夜中にブーン…という羽音で何度も目が覚め、手の甲を刺され、大変なキャンプ体験となったからです。

私はテントに蚊取り線香を入れ、テントのジッパーを閉めました。そうして小一時間蚊取り線香を焚いたテント。お気づきの通り、とても煙い状態になりました。気づいて慌てて換気するけれど、匂いは残ります。

なんとなく嫌な予感がしながら
寝袋を用意してテントに戻ろうとしたらやはり問題発生。
犬がテントに入りたがりません。

去年は、ほとんど躊躇なくテントに入ってすぐに寝に入った相棒犬は、蚊取り線香の匂いに顔をそむけテントから少し離れた位置に座りました。私はしばらく待ってみましたが、犬は入口は覗きに行くものの、中には入りません。

蚊も入るし、業を煮やした私は思いました。
「とりあえず入れちゃえ!」
そうして、相棒犬を抱きかかえてテントに入ると
入った傍から犬は飛び出てしまい、入口にさえ寄って来なくなりました。

まずい…焦ってみたものの、後のまつり。
私は先にテントに入って待ってみたり、コングを用意してみたり、といろいろ試します。
しかし、テントに入ってはすぐに出ていく相棒犬。

クレートトレーニングで
「後ろ足がクレートの外に残っている時、押さないでくださいね」
と飼い主さんに注意事項を伝えている私が

顔を背けている相棒犬を
ぽいっとテントに放り込んでいるわけですから
傍で見ていた友人は苦笑いです。

相棒犬はそれからしばらくキャンプ場内を散策し
ちょっぴり寒い星空観察もし
ようやくテントに寝床を作ることに納得しました。

クレート練習でも
トイレトレーニングでも
それこそ、基本的な「マテ」の練習でも
犬の失敗よりも、自分の行動を見直したい。そう痛感した出来事でした。

人も失敗から学ぶものなんです!
・・・たぶん。
少なくとも、私はテント内ではもう二度と蚊取り線香は焚かないと誓いました。

September 10, 2018

鼻タッチの練習を、すこし気軽に取り組む方法

「鼻タッチ」は、犬が鼻で人の手を押す行動のこと。
わざわざ教えなくても、なんとなく生活の中で甘えてくるしぐさの1つで
定着している子もいるかもしれません。

私は個別レッスンで、この行動「鼻タッチ」の練習に特に力を入れています。
教えなくてもできるのに、あえて「教える」には訳があります。

まず、鼻タッチは犬の向きを変えるのに役立ちます。
オスワリ一つをとっても
そっぽ向いてオスワリと
飼い主の方を向いてのオスワリと
飼い主の横で同じ進行方向を向いてのオスワリ
ちょっとイメージしてみるだけでも違ってくるのが分かります。

また、鼻タッチは人との挨拶練習にも使えます。
元気過ぎて飛びついてしまうコの、マナー習得の一環に活躍することもあれば
怖がりワンコにとっての、緊張しにくい挨拶の導入にも活用できます。

また私がかつて
「いいな♪」と感じたのは、私と相棒犬がボール遊びが下手っぴな頃でした。 
実は、犬が「鼻タッチ」を知ってると
ボールを人の手元まで運ぶことが教えやすいんです。

もし愛犬がボールを足元まで運ぶ、膝のあたりまで持ってくることができるならば
そこを1歩進んで「手元まで運ぶ」に、ちょっと挑戦したくありませんか?
私は、相棒犬が私の手元まで物を運ぶコツをつかんだ時、なんだか嬉しかったです。
(相棒犬は今、私以外の人の手元に物を運ぶ練習に取り組み中です)

さて、そんな鼻タッチ。
実は「教えよう」と身構えると、犬も身構えます。
なので、最初は手からフードをあげてみるだけでいいと思います。

鼻タッチは、オスワリの姿勢でなくても練習できるので
オスワリが得意でない子も練習できます。
まず右手におやつをこっそり持って犬の側に腰を下ろします。
飛びついてくるコの場合は犬の前足が床に着くまで待ってみます。

それから手からおやつをあげてみて
犬がどういう反応を取るか観察してみましょう。

この練習、もしかすると
オスワリが得意な子の方こそ戸惑うかもしれません。
例えば、おやつをいつもきっちり「オスワリ・マテ」のパターンでもらう子の場合
手からあげようとしても「よし!」というまで食べないかもしれません。

そんな時は、最初は
「おやつを持った手を出す」→「よし」→「食べる」で構いません。

でも5回続けてできたらならば
「おやつを持った手を出す」→「食べる」という形ができないか試してみましょう。
その時、おやつを持った手を、犬が食べやすい位置に運ぶのがコツ。

最後に、目標とする犬の状態をお伝えしますね。
・食べ終わった後、嬉しそうにママを見上げる
・でも、次のおやつをねだって飛びついては来ない
この状態ができれば、合図で鼻タッチをマスターする準備はばっちりです。

「鼻タッチ」の練習は、犬が楽しく食べることができればできるしつけの基礎なんです。

「犬が楽しく食べること」
そんなことがどうしてしつけの基礎なのか
疑問に思われる方もおられるかもしれません。

犬は緊張していると食べなくなることがあります。
また犬は興奮しすぎている時も、食べられなかったり
食べ方が荒っぽかったりします。

どんな練習を取り組むにしても
犬が緊張したり、興奮しすぎていれば
教えている行動が定着することはあまりありません。

だから「楽しく食べる」って、犬が人と楽しく暮らす上で大事なスキルの1つなんです。

※食べ物に興奮しすぎておやつを持った手に痛いほど歯が当たる、または飛びついて強く咬んでしまう場合、もっと細かいステップが必要です。信頼できるトレーナーと一緒に練習するようにしましょう。