September 10, 2018

鼻タッチの練習を、すこし気軽に取り組む方法

「鼻タッチ」は、犬が鼻で人の手を押す行動のこと。
わざわざ教えなくても、なんとなく生活の中で甘えてくるしぐさの1つで
定着している子もいるかもしれません。

私は個別レッスンで、この行動「鼻タッチ」の練習に特に力を入れています。
教えなくてもできるのに、あえて「教える」には訳があります。

まず、鼻タッチは犬の向きを変えるのに役立ちます。
オスワリ一つをとっても
そっぽ向いてオスワリと
飼い主の方を向いてのオスワリと
飼い主の横で同じ進行方向を向いてのオスワリ
ちょっとイメージしてみるだけでも違ってくるのが分かります。

また、鼻タッチは人との挨拶練習にも使えます。
元気過ぎて飛びついてしまうコの、マナー習得の一環に活躍することもあれば
怖がりワンコにとっての、緊張しにくい挨拶の導入にも活用できます。

また私がかつて
「いいな♪」と感じたのは、私と相棒犬がボール遊びが下手っぴな頃でした。 
実は、犬が「鼻タッチ」を知ってると
ボールを人の手元まで運ぶことが教えやすいんです。

もし愛犬がボールを足元まで運ぶ、膝のあたりまで持ってくることができるならば
そこを1歩進んで「手元まで運ぶ」に、ちょっと挑戦したくありませんか?
私は、相棒犬が私の手元まで物を運ぶコツをつかんだ時、なんだか嬉しかったです。
(相棒犬は今、私以外の人の手元に物を運ぶ練習に取り組み中です)

さて、そんな鼻タッチ。
実は「教えよう」と身構えると、犬も身構えます。
なので、最初は手からフードをあげてみるだけでいいと思います。

鼻タッチは、オスワリの姿勢でなくても練習できるので
オスワリが得意でない子も練習できます。
まず右手におやつをこっそり持って犬の側に腰を下ろします。
飛びついてくるコの場合は犬の前足が床に着くまで待ってみます。

それから手からおやつをあげてみて
犬がどういう反応を取るか観察してみましょう。

この練習、もしかすると
オスワリが得意な子の方こそ戸惑うかもしれません。
例えば、おやつをいつもきっちり「オスワリ・マテ」のパターンでもらう子の場合
手からあげようとしても「よし!」というまで食べないかもしれません。

そんな時は、最初は
「おやつを持った手を出す」→「よし」→「食べる」で構いません。

でも5回続けてできたらならば
「おやつを持った手を出す」→「食べる」という形ができないか試してみましょう。
その時、おやつを持った手を、犬が食べやすい位置に運ぶのがコツ。

最後に、目標とする犬の状態をお伝えしますね。
・食べ終わった後、嬉しそうにママを見上げる
・でも、次のおやつをねだって飛びついては来ない
この状態ができれば、合図で鼻タッチをマスターする準備はばっちりです。

「鼻タッチ」の練習は、犬が楽しく食べることができればできるしつけの基礎なんです。

「犬が楽しく食べること」
そんなことがどうしてしつけの基礎なのか
疑問に思われる方もおられるかもしれません。

犬は緊張していると食べなくなることがあります。
また犬は興奮しすぎている時も、食べられなかったり
食べ方が荒っぽかったりします。

どんな練習を取り組むにしても
犬が緊張したり、興奮しすぎていれば
教えている行動が定着することはあまりありません。

だから「楽しく食べる」って、犬が人と楽しく暮らす上で大事なスキルの1つなんです。

※食べ物に興奮しすぎておやつを持った手に痛いほど歯が当たる、または飛びついて強く咬んでしまう場合、もっと細かいステップが必要です。信頼できるトレーナーと一緒に練習するようにしましょう。

August 27, 2018

この夏あった、私の「痛い思いから学ぶ」

先月、「ブーン…」というアブか何かの羽音がすぐ傍で聞こえました。
音のする方に目を向けると
黄色っぽい何かが私の肩の傍を飛んでいます。

「怖い」と考えるよりも先に腕が動きました。
振り払う私の動きのその3秒後「ちく…」と小さな痛み。
虫よけに薄手のパーカーは着ていたのですが、どうやら服の上から刺されたようです。

「大変だ、蜂に刺された!」という焦りと
「あまり痛くない気がする。慌てるな」と葛藤する10分。
その間にも腕には強烈な痛みが襲ってきました。

結果から言えば
私が刺されたのはスズメバチよりも少し大きい、あしなが蜂で
傷の腫れも痛みは、翌日にはひきました。

ただ、あまりにも怖かったので
私は、知人友人に話して周りました。
「蜂に刺されて本当に怖かった。蜂が傍に来た時は振り払ってはいけない」と。

ご存知の方もいるかもしれませんが
スズメバチも
あしなが蜂も
住処の側に近づく動物に対してまず偵察する習性があります。
その動物を「実際に危険」と判断したならば攻撃を開始しますが、やみくもに刺すことはしません。

そのため、偵察蜂がもしも傍に寄ってきたならば
慌てずにゆっくりと
その場を立ち去ることで
刺されずに済むことがあるそうです。

それから1カ月後。
私は相棒犬と歩いている途中に
再度「ブーン…」という音を聞きました。
振り払いたい気持ちを押し殺し、ゆっくり目を向けると黄色っぽい蜂の姿。
それも、前回見た蜂よりも小さい、つまりスズメバチのようです。

動かないでそぉっと様子を見ていると
なんと2匹目の偵察蜂が近づいてきました。
2匹の蜂達は「ブーン…ブーン…」と羽音をさせながら私の上半身の周りで飛んでいます。
片方の蜂が私のカバンに止まった時には、私は一瞬頭が真っ白になりました。

悲鳴もあげず
蜂を叩き落すこともせず
そろそろとその場を離れた自分はえらいなーと思います。

私はカバンを持ったままゆっくり歩き
犬をそぉっと呼び寄せ
スズメバチたちから無事に離れることができました。

あしなが蜂に刺された経験から
私はスズメバチを回避できた。
つまり痛い思いをして「学習した」わけです。

ここで、ちょっとだけ
犬を「叱ってしつける」という考え方のもとになる
行動に伴う「痛い・嫌な事」→その行動の自発的頻度の減少
という部分に目を向けてみます。

嫌なことを回避する能力は
慌て者の私、馬場にも備わっていて
1回の痛い思いで、今回は「蜂を叩き落す」危険な行動をしなくなりました。

そう考えると「痛い思い」は決して悪いものばかりではないのでしょう。

一方で
もしも、私が最初に刺された蜂が1匹のあしなが蜂ではなくて
10匹のスズメバチであったら
同じ「嫌な思い」でも、「おおごと」すぎて「学習」どころではないかもしれません。

また、2度目の蜂遭遇時に
50匹の蜂に周りを囲まれてしまったとしたら
おそらく冷静に行動することは無理だったと思います。

変な例えであることは重々承知の上で
犬のしつけで受ける相談の1つ
「叱ってもやめてほしい行動が減らない」状況と比べてみました。

犬が繰り返し繰り返し叱られる状況は
たくさんの蜂がぶんぶん飛び回っている状況に似ているのかもしれません。
蜂が傍に来た時、冷静に考える余裕がなければ、きっと全速力で逃げようとして
腕をやみくもに振り回すかもしれません。
その蜂の数が多ければ多いほど、もっと慌てます。

また、正しい行動(偵察蜂の場合は、そぅっとゆっくりその場を離れる)の選択肢を知らなければ、やっぱりどうしてよいのかわからないから
腕を振り回すのではないかな…と思うのです。

また、「うちの犬は叱ったらイタズラをやめたのに」と
お友達に言われて悩んでいる方には
そういう学習ももちろんあるので、間違っているわけではないけど
すべての状況に当てはまるわけではないことを知っておいてください。

ちなみに、蜂に関しては6月から10月は活発に活動する時期です。蜂が巣を作りやすい場所は避けて歩くのが鉄則です。私は、森林公園内の遊歩道に設置された展望台でスズメバチに遭遇したので、展望台にはしばらく近づかないでおこうと思っています。


July 19, 2018

新しい「ことば」や「情報」がストンと理解できるとき

犬のトレーナーの馬場です。

犬のトレーニングに関して「学習理論」は
頭の片隅には置いておいた方が役立ちます。

私は、レッスンなどで飼い主さんにお渡ししている
ハンドアウトがいくつかあって
その1つは「学習理論」についてです。

例えば
「オペラント条件付け」
「関連付けの学習」
ということば。
雑誌やネットで見たから聞いたことはあるけど
あまりよくわからないと感じる飼い主さんはいませんか?

-----------------------------
「オペラント条件付け」は
犬が「ある行動」の直後に「物・こと」を得たり無くすることによる
「行動」に対しての「学習」

「関連付けの学習」は
犬が「ある状況」を直後の「物・こと」に結びつける
「周りにいる人やもの、状況」に対しての「学習」
※代わりに「古典的条件付け」ということばで表現されることもあります。
----------------------------

もうこの数行を読んだだけで
「なんだかわからないことば…!嫌だなぁ」という
イメージが、絶対にある!と思います。

私は、お散歩トレや、個別レッスンで
できるだけ簡単な練習と組み合わせて説明していくようにしているですが、
どんなにシンプルにしてもややこしい部分であることには変わりなく。

1つ「ややこしい」があると
トレーニング自体がちとめんどくさいもの…
と感じさせていないか、レッスン後は
いつもちょっぴり不安です。

実のところ、私自身、
理論はあまり好きではありませんでした。

ある時
「関連付けの学習」と
「オペラント条件付け」
の違いにを説明しなければいけない場面があり
自分の理解不足を呪ってみたり
動物行動学に関する本を読もうとすると頭痛がしたりしていました。

私が犬のトレーニングや学習理論をきちんと学んだのはアメリカだったのですが
理論もわからなければ
英語もちんぷんかんぷんな状況。
(日本でも学べる場は現在いっぱいあります)

そんな中でも私が、学習理論を「わかる」ようになったのは
誰かから「教えてもらった」からではなく
私自身が動いたからではないかと思っています。

私は渡米直後から
しつけ方教室のアシスタントをしていました。

しつけ方教室のアシスタントとはいっても
最初の頃はできることは掃除ぐらい。
毎週水曜日は、無口に掃除ばかりしていました。

それでも、しつけ方教室の中で聞こえてくる英単語を書き留めては
「あのことばの意味は何だろう?」
「あの練習は、なんていう言葉で表現するんだろう」
と調べたい気持ちがいっぱいでした。

また、当時の私はしつけ方教室を教えているトレーナーさんと
どうしても話がしたかったのです。

飼い主さんに教えている時に何に重点を置くか興味があったし
怖がりのワンコさんの行動に対する疑問点もたくさんありました。
そして、トレーナーさんの「ことば」を知らない限りは質問することもできません。

そうして、自分で動くうちに知らない「ことば」に対する興味が出てきた。
それが私が学習理論を理解するようになった
足がかりになったのでは、と思います。

現在私は「ノーズワーク」という
犬の嗅覚を使う活動を勉強中です。
そして実際に犬が鼻を使って物を探す様子を見ているうちに
気づいたことがいくつか出てきました。

例えば、屋外で「ある物品(私は遊びの延長で、オモチャを使用)」を探す時
相棒犬は、直線で動くというより、どちらかというと、円を描くようにして捜索します。円を描きながら、時としてその物品の真横を通り過ぎて、スタート地点まで戻っています。

そのまま見守っていると、ちょっと違った円を描きながら再度物品の方向へ進みます。最終的に見つけると、タタタッと、足早になる模様です。

最初にこの様子を見た時
もしかして相棒犬は
鼻を使わずにやみくもに捜索している
つまり目を使って探しているのではないかと疑ったほどです。

そんな折、ふと手にした本に
その匂いや犬の嗅覚についての記述がを見つけました。

この本を、ノーズワークを学ぶ前に手にしていたら、
私は「嗅覚」についての章は
流し読みしていたかもしれません。

でも、今はじっくり読んじゃいます!
----------------------------------------------------------------------------------------------------
においを追う時は、ジグザグに行ったり来たりしながら進んでいく。残された跡が発しているにおいの帯の、両端を見つけていくためだ。わからなくなると後ろを向き、目に見えない跡を逆戻りする。犬はこうして手掛かりをたどりながら、どの方向に進んで行くかも決めなければならない。その時、できる限り目で見えるヒントを利用するらしい。

屋外ではふつう、なんらかの風が吹いていて、犬のところまで匂いを運んでくれる。ところが、そよ風の運び方は予測が難しい。においは風上から風下に向かってまっすぐ進むように思えるかもしれないが、実際には、風下に進みながら横にも拡散し、発生源を頂点とする円錐形にひろがっていく。しかも、ある瞬間のにおいの広がり方を上から見ると、円錐というよりむしろ蛇行に近く、強くしっかりにおう場所と、弱くかすかな場所ができている。その原因は、風が吹く時に地面との摩擦によって生まれる渦だ。渦の直系は数メートルにもなることがあり、においを蛇行させる。もっと小さい渦は、蛇行の幅を広げるか、においを一か所に集中させる。(ジョン・ブラッドショー p289-291)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
どうやら
相棒犬は、きちんと鼻を使って捜索できているようです。

犬はどうやって嗅覚を使うのだろう?
そもそも、匂いはどのように広がるのだろう?

そんな「興味」がある時は
新しい情報も、ストンと理解できたりします。

本来なら「学習理論」についても
飼い主さんが「本当に知りたい」タイミングで
情報をお渡しできるのが一番。

だから、レッスンでお渡した
ハンドアウトはパーっと目を通した後は、一旦忘れても大丈夫。

ただ興味を持った時に、「もう一度見てみたい」と感じてもらえる
そんな資料を作れるよう私も日々精進したいと思います。

------------------------------------------
【参考資料】
「犬はあなたをこう見ている
― 最新の動物行動学でわかる犬の心理」
ジョン・ブラッドショー 著
西田美緒子 訳
2012年出版
------------------------------------------

July 12, 2018

「お留守番練習」の機会


「お留守番の機会」と
「お留守番練習の機会」は違うということを、書きたいなと思います。

実は、お留守番の時吠えないけれど、「ひとりになるのはすごく不安」な状態で生活している家庭犬は
私たちが思うよりも、もしかすると多いのではないかと感じたからです。

犬が不安か不安でないかはさておき
さてお留守番の時、犬目線ではいったい何が起こるか書き出してみました。
・ママがカバンを持つ
・ママがお化粧をする
・時計をみてそわそわする
・リビングの扉が閉まる
・玄関の扉の音がする
・車の音がする
・一定の時間のママの不在または、何時間かが分からない、ママの不在
・インターフォンの音(不在だけど、人は来るかも)
・車の音(宅急便の車が家の前を通るかも)
・子供の声(近所の子どもが遊んだり、はしゃぐ声が窓からかすかに聞こえるかも)
・雷の音(もし、雷が苦手な場合、頼るママがいない状況はちょっとつらいかも)
・地震(もし、振動が苦手な場合、頼るママがいない状況はちょっとつらいかも)
・玄関の音(だれかわからない)
・リビングのドアが開いて、家族が入ってくる
・大きな荷物
・誰か別の人が一緒に入ってくる
・静かだった状況から、急に人の声(家族にしろ、家族以外にしろ)

この中でちょっと曲者なのが「時間」です。

この「時間」について、私トレーナー馬場の失敗談を暴露したいと思います。
私は、留守番トレを失敗した飼い主のひとりなんです。

私の相棒犬は、私の出勤時、私が玄関を出て、しばらくは落ち着いていました。
「ワン」とも「ぴぃぃ」とも言わず
座ったまま私が出ていくドアを見ていました。

そのため、私の不在時に相棒犬が不安な兆候があることに
かなり大騒ぎになるまで気が付きませんでした。

家族が私に伝えたことが
「少し吠えたよ」だったのが
「なんだか狂ったように吠えたよ」となった時
私は正直びっくりしたのです。

問題が起きて最初に行ったのは、まず現状把握です。
うちの犬の状況はこうでした。

私が玄関を出て、3分はまったく大丈夫。で…5分後に鳴きだします。1回目は、ひゅ~んとちょっと切なげな声。2回目はぎゃん!と大き目。3回目は、ギャギャギャ~んとパニックになった音。
そうなると、いつもは反応しないような、小さな物音にも過敏に反応してしまうようで、手が付けられません。

ここまで大騒ぎになってからは、原因はもはや憶測にすぎないのですが
おそらく、訪問レッスンとシッターの仕事で
急に帰りが遅くなった日が続いたのがきっかけでは…と思います。
私は重い腰をあげざるをえませんでした。

トレーニングの大枠は
犬が不安にならない「刺激」を繰り返し提示し、パニックにならない経験を積み重ねていく方針です。

練習の一例はこんなカタチ。
※あらかじめ断っておくと、練習は「在宅時(つまり人がお休みの日)」に行います。

1)玄関を出て戻るを100回ぐらい繰り返しました最初は、できる限り、イヌが疲れている時間帯を狙って行います。

2)馴れてきたら、玄関を出て戻るを、違った時間帯に行うようにしました。

3)馴れてきたら、戻ってくるタイミングを、「3秒後」ではなく「2分後」「3分後」と時間を加えていきます。

4)ここからが課題の「5分後」の状況への取り組み。「3分後」で問題がなかったら、続けて「5分後」はどうか様子を見ます。戻ってきたときと出ていくときの様子が同じようにごろんと寝そべっていれば、問題なしとして、次のステップへ進みます。


えっそんな簡単なことでいいの?と思われましたか?
それとも、100回もやるなんて、ドアが壊れる(笑)と思われましたか?

この練習のコツは、実は「同じ場所に留まる」のマテの練習の難易度の上げ方とちょっと似ています。

なので、1秒でも大慌てになってしまうワンコの場合は、まず、飼い主が動いても1秒その場で待ってる「カタチ」を教えた方がスムーズにいくのではないかなと思います。

もう1点付け加えるならば
このマテは「おやつを見せびらかさないで」練習します。
犬がおやつを「期待」してしまうと、長時間待つことは、犬にとっては徐々に負担になってしまうからです。

おやつは「ごほうび」として使える場合は多いですが、その場で待つための「誘導」ツールとしてはあまり適しません。(「ごほうび」と「誘導」の違いについては、また改めてまとめたいと思います。)

ちなみに今相棒犬は、留守番エリアでゴロゴロしたり、クレートで爆睡することが増えました。私が仕事から戻ると、起きてくるけど、帰宅してすぐに私が事務仕事を始めると、クレートに戻ってまるい姿になります。

June 28, 2018

お散歩のリードの長さはどのぐらいが「適当」でしょうか

お散歩の際に使用するリードの長さは
飼い主さんにより様々です。

M前後のリードを使う人もいれば
Mや3Mのリードを使う人もいます。

80センチの短いリードで歩く人もいれば
Mの伸び縮み型のリードで歩く人もいます。

どれが正解?
という質問には、動物行動学者や訓練士やトレーナーも
様々な場面で議論していたり、悩んでいたりする課題だなぁと思います。

私は、そのイヌと飼い主にとって負担がなく
安全でありさえすればどのリードを使っても構わないと思います。

ただし、リードはただの「ロープ」ではなくて
イヌにとっては「情報」を受け取る道具でもあります。

そして
状況によっては
長すぎるリード
短すぎるリードが
飼い主とイヌとの会話を妨げてしまっている状況もあるのはないかなと思います。

例えば
横を歩かせたい飼い主さんがリードを常に引っ張ってしまうと
飼い主さんが意図していないのにも関わらず、イヌが余計興奮してしまうことがあります。
これは、反射的な行動で「走性」と呼ばれるものです。
引っ張られることに対して、身体が反射的に引っ張り返そうとする性質を指します。
リードが張った時に座りこんだり、後ずさったりする犬もこの状況かもしれません。

反射的な行動とは
人間が、熱い物を触った手を引っ込める
びっくりしたので「キャ~」と悲鳴をあげる
のと同じタイプの行動で、意識する前にでる行動です。

また、長いリードが常によいかと言えば
それも違ってきます。
例えば、1Mのリードで止められることと、長いリードで止められることには違った「情報」が含まれてくることがあります。

極端な例を出すなら、5Mや10Mのリードの範囲を知らずに全速力で走って端まで行った場合、イヌの身体にかかる衝撃はとても大きくなります。
状況によっては
「走ること」が危険…と誤解してしまったり
その時に見た「他の犬」が危険…と誤解してしまう場合もあります。

伸縮性リードは、イヌの行動をできるだけ妨げない利点がある一方で、走るものや他の物を追いかける習慣があるコの場合は、扱いに細心の注意が必要な道具になります。






「リードってそんなに難しいもの?」
と悩まれるのであれば
きっとそんなことはありません。

多くの場面で
リードを持てば「お散歩だ!」と喜ぶワンコがいたり
ワンコ同士のご挨拶の時も「からまないように」「首が苦しくないように」とリードを上手に持ち替える飼い主さんがいたり

あまり意識しないでも生活に溶け込んでいる様子をよく目にします。

ただ、どうしても
引っ張ったままになってしまう
飼い主が引っ張られるのがつらいし
犬も首が締まったままで苦しいし
という状況が続いてしまうなら、一旦その状況を打破しなきゃなりません。

犬が苦手なものを「すべて取り除く」という
トレーニングプランは実用的ではありませんが
犬や動くものに馴れるには、「リードに馴れる」ことが必要です。

また「リードに馴れる」ためには
犬が落ち着いて歩きやすいコースを見つけてあげるのも
課題解決の近道なんてことも、あるのではないかなと思います。