November 21, 2019

準備するのは「いつ?」

子犬を迎え入れて「う~ん…」と悩む飼い主さんが口にすることに
子犬の「齧る行動」があります。

子犬にとっては、ごく自然な行動でも
一緒に生活する家族にとっては困るのが
・ゴミ箱あらし
・洗濯物あらし
・壁紙はがし
・テーブルサーフィンぐ(テーブルの上の物を奪い取る!)
・電気コードかじり

例を挙げれば、切りがない!
これまでお伺いしたお悩みを書き出せば、さらに10個は挙げらます。

だからこそ、子犬をすべてのお部屋で自由に過ごさせる前には、
飼い主さんが必ず取り組むべきことがあります。
そして、これは、子犬が寝てる姿ばかり見ていたから、何かを破壊する(!)姿を想像せずに迎え入れたという飼い主さんも同様です。

それは、子犬にとって「安全な空間を用意する」こと。
飼い主さんの大事な家具を守る前に考えてほしいのが、子犬にとっての安全な生活です。
アメリカでは、[パピープルーフィング(Puppy Proofing)]と呼ばれ、室内で一緒で生活する犬を迎え入れる飼い主さんには、ブリーダーや獣医さんが必ずお伝えしている内容です。

パピープルーフィングのなされた空間には
・ゴミ箱はない
・ティッシュの箱はない
・雑誌は置かない
・本はない
・子供のお弁当箱は置かない
・電気コードはない
・ふわふわしたクッションはない(特に、綿入れのベッドを齧るこの場合)
・ソファはない
・リモコンはない
・メガネはない
・子供のオモチャはない
・洗濯物はない
・靴下はない
・ダイニングテーブルはない

さて、みなさんは、他にどんな「ない」を書き加えますか?

反対にあるものは
・たっぷりのお水
・コングや齧って安全なオモチャ(トレーナーや獣医さんに相談しましょう)
・クレートやケージなど、子犬が普段寝るところ
・必要に応じてトイレ
・子犬が足を伸ばせる空間
・できれば、飼い主が一緒に座れる空間

そして、「安全な場所を用意をする」
言い方を変えるなら「齧ってほしくないものを片付ける」
タイミングも大事です。

「犬が齧っている場を現行犯で捕まえて、怒鳴りつけてやろう!」
だなんて見張っているパパママはいません。

気が付いたらゴミ箱がひっくり返っていた…!
リビングがティッシュペーパーとトイレットペーパーで白い海になっていた!
洗濯物を持って、嬉しそうに走る子犬を見て、思わず慌ててしまった!
新しく購入した高い絨毯に穴をあけていた…!
ケージを用意したら、ケージをガジガジ齧っている…。

多くの飼い主さんは
「ふと気が付くと、齧っているから、叱るしかないんです…」と口にされます。
でも、私達ヒトは【先回り】するトレーニングの技術も知識も持っているんです。

子犬がティッシュの箱を破壊してから
大慌てて「片付ける(犬目線では、奪い取られる)」のと
子犬の行動を予測して
ティッシュの箱をあらかじめ仔犬の手が届かない場所に【片付ける】のは
雲泥の差ががあります。

ケージやサークルなどの「区分けされたエリア」に子犬が馴れるためには
ゴミ箱をひっくり返したからケージに「引っ張って入れる」のではなく
子犬が落ち着いている時に(少なくともゴミ箱あらしをしていない時間帯に)
ケージの傍(やケージの中)で【ママと過ごす】時間が必要です。

また、現在ケージやクレートの練習に取り組むパパママに
特に意識してほしいことは
ケージに馴れる時間と、留守番をケージで過ごすことは
まったくの別ものであるということです。

もし、ケージやクレートに入る時に
子犬が後ろ足をケージの外に残しながら入る素振りが見られるならば
それは、「今苦手になっています…」のサインです。
おやつでごまかす方法ではなく
おやつをご褒美に使うトレーニングに切り替えていきましょう。

パピープルーフィングの空間づくりは、いつするのか。
イタズラしている時にしますか?
留守番の時にしますか?

October 3, 2019

困った行動の解決の前に、共通語を作ろう

こんにちは。トレーナーの馬場です。
今回のコラムは
ちょっと理屈っぽい話から始めます。

行動学という学門の学習理論についてです。

犬はいい結果が伴うから、行動を繰り返すというという理論
犬は何か嬉しいことが伴うとその状況(や周りにいる人)を好きになるという理論
(補足すると、どちらも「嫌なことが伴う時の学習」もあります)

犬の問題行動に対して、きっちりと行動学に実際の状況を当てはめると「なんか変」と感じることがあります。

私は特に
・犬が物や特定の場所を守る行動
・犬がリードを引っ張る行動
の2つは
力任せの手法でも、食べ物で釣る手法でも、問題を解決できないなと思います。

「犬は生き物だから理論(概論)に当てはまらない状況があるのは当たり前!」
そう思う方もいるかもしれません。

その通りです。
そして「理論だけだと解決しない」といいつつも
私は「例外はあるけど理論は使おう!」と思うのです。

私が訪問レッスンでお伺いする時
飼い主さん自身にも理論をお伝えするのは
問題行動に取り組む前に
犬と飼い主の間に、1つの共通語を作るためです。

簡単な例を言えば
「オスワリ」という言葉に対して、犬が座ったり
「ぽち」と名前を呼ばれたときに、こちらを向いたり
ドアが開いても「待って」と声をかけたら、その場で止まることができる

そうした犬とヒトの双方が同じ意味で使うことができる言葉を作るためです。
(「人と犬との共通語づくり」は関西でトレーナー業をしている先輩の言葉で、私も好きな表現の1つです)

吠えた、咬んだ、そうした行動をとった犬に対して
犬に伝わらないままに飼い主さんが怒鳴っても
人の言葉を理解できないまま、犬が吠え続けてしまうことがあります。
中には、飼い主さんのとった行動に余計慌てて、攻撃的に見える行動を選択しているような場面もあるかもしれません。

出血を伴う咬みの問題のような、深刻な問題で頭を悩まされていると
「どうしてオスワリの練習が必要なんだろう…」
「フセなんかできなくても、困らないのに…」
「災害対策のためのクレートと言われても、今はそれどころじゃないのに…」
ふとそんな疑問が浮かんでくると思います。

犬の問題行動に頭を悩ませる時
「まず問題だけをなくしたい」と感じること自体は間違ってはいないのですが
犬とヒトの会話が成り立つ基盤ができていたら
問題解決もずっとスムーズに行くと思うのです。

トレーニング(行動を教える)のが大事なのではなくて
トレーニングを通して作る「共通語の構築」が大事なのだとお伝えしたいです。

---------------------------
参考までに「オペラント条件付け」について追記します。
これは4つの学習をシンプルにパターン化して表現したものです。
犬のトレーニングにも活用できる場面がいくつもあります。

(特に何もない状態から)
「行動」後に「うれしいこと」がある→その行動の頻度が増える
※例)オスワリしたら、おいしいおやつをもらった!

(うれしいことがある状態から)
「行動」後に「うれしいこと」がなくなる→その行動の頻度が減る
※例)ママの手を咬んだら、ママがオモチャ遊びをやめてしまった…

(特に何もない状態から)
「行動」の後に「嫌なこと」がある→行動の頻度が減る
※人がしてほしくない行動をしたとき、叱るべきの考えの元になるものですが、大きな問題点があります。犬は嫌なことが起きない状況、例えば飼い主がいない時のみ同じ行動を選択することがあります。トイレの失敗を叱ったが故に隠れてソファの後ろで用を足す状況は、その例かもしれません。

(嫌なことがある状態から)
「行動」の後に「嫌なこと」がなくなる→その行動の頻度が増える
※例)軒先につながれていた犬が、郵便屋さんに吠え続けたら、郵便屋さんが立ち去った。

September 5, 2019

トレーニング風景①


ももちゃん(トイプードルさん)
練習始めに、ももちゃんのお尻がほんの少し揺れているのは
楽しく練習できてる証拠ですね!

飼い主さんの手について動くことと
飼い主さんの手が動いてもその場で待つこと
マット練習では2つのスキルを育みます。


August 8, 2019

新しい練習科目に挑戦中

トレーナーの馬場です。

相棒犬と取り組んでいる新しい練習が2つあります。

1つ目は
「おばあちゃんの手に鼻タッチ」です。
私の祖母の差し出した手に
相棒犬がつんと挨拶しに行って
再度馬場の元に戻ってくるシンプルな動き

シンプルなはずなのですが、実は練習はうまくいっていません…。
相棒犬は
目をそらす
耳を後ろに倒す
と次々に「練習拒否」のサインを出しており、それに対して落ち込む私。

やる気をなくす相棒犬に
やる気をなくすトレーナーの馬場
ですが、祖母だけは、なぜかやる気満々。

うーん…もしかすると、祖母のやる気が
相棒犬にはプレッシャーだったのかもしれません。

思えば、人の目線が苦手で
相棒犬がぎゃんぎゃん吠えていた時期があったので
なんとなく、「目線」に対しての耐性をつけるトレーニングは
私が避けていた部分があります。

毎日一緒に顔を合わせている家族や
しょっちゅう会うご近所の方には
うちの犬の「クセ」を理解してもらっているおかげで、あまり「苦手」に直面する機会がなかったのだなぁ…と改めて気が付きました。

また、特に「練習」という意図がなければ
祖母も相棒犬を凝視しなかったかもしれません。

祖母との練習には、相棒犬の動き(行動)だけに集中するよりも
練習の組み立てと、協力者にどう頼むかを考えなおした方がうまくいくかもしれないと思案中です。


2つ目の練習は「車庫入れ」です。
イヌが運転する…わけでは、もちろんなくて
イヌがヒトの足の間でオスワリ/フセをする技です。
いうなれば、飼い主の足元を【簡易クレート】に見立てた練習です。

少し難易度が高いのですが
それは、イヌがヒトが向き合っているのではなく
イヌとヒトが同じ方向を向いている点。

ですがこの動きを細かく分解していくのが
私にとってはちと面白い。
「車庫入れ」は実は1つの動きというよりも4つの動きが組み合わさっています。

1つ目は「スピン」
イヌがヒトの前でゆっくりと楕円を描く動きをします。
(この時は最初はイヌとヒトは向き合っています)

2つ目は「立ってマテ」
イヌがヒトに背を向けた状態で、立ち姿勢で止まります。
(この時は向き合ってません)

お次は「バック」
ステップ2の立ち位置をスタート地点とし、ヒトの足の間まで下がります。
(この時も向き合っていてません)

最後の動作は「フセてマテ」
イヌはヒトの足の間で足を崩します。
(この位置だと、イヌが人を見上げると、アイコンタクトが取れます)
目合ったでしょ!にやり!

私は、この練習の中で「背を向けた状態での立ってマテ」が一番難しいと感じました。

向き合ってする練習と
向き合わずにする練習では
向き合っていた方が指示は出しやすい。またイヌにとっても指示を読み取りやすい。

私は、相棒犬と向き合わずに「この位置で止まってね」と教えるために
最初はおやつ誘導を使いました。

そして、なるべくすぐにおやつ誘導をなくすつもりだったのですが…
ここで私は難儀します。

誘導用のおやつをなくすと
相棒犬はくるりとこちらに向き直ってしまう。

レッスンでは繰り返し繰り返し飼い主さんに対して
「おやつ誘導はなるべく早くなくしましょうね」
と言っているのに、
トレーナーの私自身ができないのでは面目が立ちません!(ちょっと焦ってます)

さて、相棒犬が新しい技2つを習得できたかどうか…は後日報告したいと思います。

今はまだ練習中。
「できない部分」にはちょっぴり焦りながらも
「できそうなこと」が見つかると
それが些細なことでも楽しいのはイヌもヒトも一緒かもしれません。

August 1, 2019

門越しに吠えていた犬が、吠えなかった時

お散歩中に相棒犬が吠える時
飼い主の私は(いまだに)少しだけ落ち込みます。

そんなこともあって、私は
相棒犬を連れて
犬が住む家の前を通る時には少しだけ意識していることがあります。

できれば距離を取ること
できればあまり急がないこと

うちの犬も
相手の犬も
どちらもあまり「ざわざわしない」すれ違いがいい。

門越しに犬が吠えるワンコのいるお家の
前の道が狭ければ、私はその道は避けるかもしれない。

道幅が広いならば
相棒犬が道の反対端を歩くようにします。
門から離れていれば、相手の犬もあまり気にならないかもしれない。

厳密なルールはないけれど、そんな風に思っています。

そんなお散歩をする中、今朝ちょっとうれしいなと思ったことがありました。
今まで私と相棒犬が道を歩くのを見ると、お庭の柵越しに吠えていたチワワさんが
こちらをちらりと見た後、そっぽを向いた。
吠えない。
チワワさんは、もう1度ちらっとこちらに目を向けた後、地面の匂いを嗅ぎました。

私と相棒犬が伝えようとしてた
『わたしたちは、あなたを威嚇しないですよ』
と似たしぐさをしている。
会話が成り立ったようで、でうれしかったです。

偶然か、気づかなかっただけではないか?
その懸念も翌日払拭!
翌日も、同じ仕草、今度はもう少し匂い嗅ぎが短かったように思います。

犬のボディランゲージを
人間がまねっこして伝えようとしても
なかなかすぐに伝わるとは限りません。

でも、犬のボディランゲージを読み取って
できるだけ、相手が緊張しにくい環境を作っていけたら
ワンコ同士が親しくなる前でも、「会話」ってきっと成り立つんだと思います。

私のとなりでたたずむ相棒犬は
小さく鼻を鳴らして
「ほんとはもう少し近くに行きたいけど…」と私の顔を見上げます。
(今度、公園で会ったら、飼い主さんに声をかけてみよ)と私はこっそり思いました。